時間をかけて配球を考える捕手は、「チームの要」と言われるほど重要なポジションであり、よく熱心に語っている配球論を耳にすることがあります。 捕手だけではなく、野手や投手も、守る立場、サインに従う立場として配球を知っておくべきです。

うまく打者を打ち取る配球をするには、捕手が考えたゾーンにある程度投げられる制球力のある投手が登板する必要があります。

有利なカウントで進めるため、配球を考える上で重要なことは、初球にストライクを取ることです。 有利なカウントで打者に打たれると、ダメージが大きくなるため、打たれるリスクもありますが、打者が狙いそうもない配球を考えます。
2球目は、ストライクからボールになる変化球を投げるのがよいかもしれません。 外に逃げるスライダーか、落ちるボールを投げ、打者が「ピクッ」と反応すると、狙っている球種があるか、変化球を狙っていることが推測できます。

2球うまい配球ができると、2ストライクとなり、圧倒的に投手が有利なカウントになります。 ある統計によると、「初球ヒットしたときに比べ、追い込まれたときの打率は格段に低くなる」と言われています。