Month: 3月 2018

10年ぶりに、元彼に会った話を書いてみる

別れてから4年もの年月の間忘れられなかった相手だった。

会えて、よかった。
やっと心の整理がついた。
未だに酔っ払ったり、満月が近づくと、思い出してしまうような相手だったから。

今思えば、思い出がとても美しいものであり、どこか、幻想で作り上げた相手に恋をしていたように思う。

彼は、当時とあまり変わっていなかった。
大好きだったところも、そのままだったけれど、胸のときめきを感じなかったのは、きっと自分が変わったのだと思う。

そして、自分の変化をはっきりと感じたのは、冷静に、彼という人間を理解しようとしたことだ。付き合っていた当時にはしなかった行為だった。

わたしは、後悔している。
どうして一番近くにいたときに、気がつかなかったのだろう、一人で生きることで精一杯な彼を。

その彼にすがり、欲しがった。
一方的な想いを、押し付け、想いを受け取ってもらえないことを悲しむことしか出来なかった。それだけ必死だった、未熟だった。

いつもそうなんだ、気持ちを押し付けるばかりで、相手を見ていない。思いやり、配慮、想像力に欠ける。

きっと過去で足を止めたままの自分だったら、みっともなく、またすがっていたかもしれない。少しはマシに思えた。

彼は、どこかいつも謎めいていて、とても奥深い人間だと思う。それが彼の変わらぬ魅力だ。

でも、もう、振り返らない。
未来に、駆けてく。
止まっては、いられないんだ。http://clothingstorebuyer.com/

日本での地震についての教育をしていました

地震について演習をしました。日本では、1923カテゴリーの関東地震や1995カテゴリーの兵庫県内南部地震、2004カテゴリーの新潟県内中越地震など、大きなダメージをもたらした地震がとりどり発生しています。しかし地球全体を見た事例、地震は限られたフィールドでしか起こっていません。地震は主にプレートの境界で起こっています。地震が起こると住宅の倒壊など大きな被害が出ることもありますが、地震によるダメージは一般に震源から逸れるほど小さくなります。大きな地震が起こると、著しい地震動(グラウンドのゆれ)によって住宅の倒壊や崖偏りなどが起こります。またグラウンドが隆起したり、あるいは形成にくい違って、大きな被害が出ることがあります。河川沿いや埋め立て要素など本拠が砂地のところでは地震動で砂層が液状化し(液状化状態)、ダメージを大きくすることがあります。2004カテゴリーの新潟県内中越地震は大きなダメージが出ました。地震は普通悲劇なので起きないでほしいですが、貧弱ことなのかなと思います。